ケツの周りは屎だらけ

2017/07/21

亀の歩みも馬鹿にならん。

とっくの昔にピョコピョコまくられたウサギの背中を見送って、草場の影で奴が寝ボケとる隙にぶっちぎる爽快なサクセスストーリーは童話だけの話で、現実はそのウサギの存在にすら気付かず精々カッパの援護を待っとる位がいいとこだろう。

肝心なのは亀が甲羅を持っとったって事で、道すがら外敵から身を守れたからゴールまで行けたというサブストーリーを描かんのが不思議でしょうがない。

そのおかげで散々えらい目に会う誰かさんみたく無教養な人間もおるが、いっそ無い甲羅は作ってしまえという発想にシフト出来た事を逆に感謝した時ようやく夢物語は始められる。

相変わらずカッパは見あたらんけど、製作段階も残すところは音源データをCDとして製品化するマスタリングという言わば魔法の粉をかけるような最終行程。

「ゆらゆら帝国」や「ギターウルフ」等を手掛ける事で知られるピースミュージックの中村さんにお願いした。

親身になって要望を聞いてもらい本当にありがとうございました!

PV製作の現場は米軍基地がある福生の16号線沿いをメインと決めとったので、カメラマン探しに銘々ぶらぶらしとる友人がおらんかと思っとる最中、HP写真やジャケット等を撮ってくれたフォトグラファーのHAMAが快く引き受けてくれた。

自作した絵コンテを元にパーツを組み合わせるパズルみたいなもんで、正味5分程やけど一本の映画を撮るような感覚だ。

1月の寒風吹きすさぶ撮影期間の約一ヶ月間のあいだ、奇遇にもHAMAのホームタウンが福生だった事も相まって毎週彼の家に厄介になりアレを楽しみながら創作活動。

空いた時間にカメラを単車のタンクにガムテープで固定し、山手通り、環八道路から井荻トンネルと時速120kmで蛇行…

失敬、法定速度でトリップ。

タンデムの撮影では後のHAMAの悲鳴と、走行シーンでは東京無線のお父っつぁんと戯れながら演奏シーンを含む全100TAKEのパーツ収集完了。

協力してくれたGOOD KING’Sさん本当にありがとうございました!

シナリオ通り並べたデータを千葉のフォトスタジオに根こそぎ送り、確認のやり取りでパズルを仕上げにかかると、ああだこうだとJAMセッションのようにアイデアが湧き自分の想像以上のものが出来ていく過程は音楽も映像も同じらしい。

映画監督と呼ばれるような大人が仕事として夢中になる遊びというのはわかる気がするし、銀幕スターが魅力的な黄色い声援を浴びて天狗になろうが彼等に罪はなく、むしろ健康そのもので終いには甲斐性ないやろう。

ただ一つはっきりしとる事は、真冬に単車に乗るべからず。

「武士は食わねど高楊枝」とはよく言ったもんやけど身体の感覚が死んでいく順番は、手、顔面、膝で、いくら見栄えが悪いからとはいえ極寒の中薄着でのPV撮影は二度とゴメンだ。

News

ケッコー毛だらけ猫灰だらけ

2017/07/19

ケツの周りは屎だらけ!

…と続きたいとこやけど次のタイトルにお預けという事で本ブログ開始の挨拶に変える。

さて、逆上ること約半年前の2017.1.10(火)「FOOTENG RECORDS」という自主レーベルの立ち上げに成功した。

勝手にカッコつけて名乗ったと言った方がしっくりいくしロケットの打ち上げに失敗したでは洒落にもならんけど、ハローワークの喫煙所によくおるタイプの俺がとにもかくにも一応は失業パーティーの脇役からレーベル代表の看板を掲げたわけで、本当はそんな事はどうでもよく音楽活動をやるという目的がはっきりしとる以上マヌケな脳みそを精一杯使って考えた手段の内これが得策と思っての事で後には引けんかったからだ。

 

バンド活動を休止して以来すぐに取りかかった仕事はレコーディング。

最初に断っとくが仮に売れんバンドマンの諸君がこれを見て有益な情報を得るに越したことはなかけど、コネクションや大金が有るわけでなく単にすこぶる効率の悪いやり方を選んだので世の中には馬鹿な奴がおるもんだと笑い話程度にしてもらえれば有り難く、体験者からしてみればとっとと田舎に引っ込むなり堅気の仕事に就くなり大切な人を安心させたらどうだと思っとるので悪しからず。

依然、人の事は言えん自分を棚に上げて寅さんの言葉を借りて言うなれば「そこが渡世人のツレェところよ…」なのだ。

Rock’n’rollアルバムを作ろうと決めとったのでリリース後LIVE活動がギター1本と歌のみになろうが作品は作品で別に考え多重録音のバンドサウンドを選択した。

持っとるレコーディング機材はボロいMTR(多重録音機)とバンド仲間から拝借した海賊版のSONER(編集PCソフト)とコンデンサーマイク一本、以上。

最低限にも届いとらんのは知っとったけど俺には充分だ。

一番Rock出来る各担当楽器のメンバーがおって一成に演奏する一発録りができん以上、ドラム、ベース、ギター、ボーカルの順にスタジオで録る…がしかし太鼓なんか叩けんので早速練習に奮闘するも手足が上手く動かず断念しかけたが、クリックを聞きながら個別にキック、スネア、タム、金物と身を徹して録る事にした。

通常は一音サンプリングを録り、PC上の打ち込みでパターンを形成するが生音のリアル感とグルーヴを表現する使命感の方が労力に勝っとったし、通俗的なRockのジンクスか知らんけど「ボブ・ディラン」や「ジョニー・サンダース」が感じのいい男でボイストレーニングに通い詰めとったら何か納得いかんみたいなもんだ。

  生きた心地がせん位で果てしない作業も慣れれば捗り、ギターは自前の73年製Marshallヘッドをアンプで鳴らし、ベースはMTRに直接シールドを突っ込み内臓シュミレーターでライン録り。

生音の空気感を作為するリアンプ作業は自宅のバスルームを密閉し、ヘッドホンをアンプ代わりに音を出しマイクで拾う、いい湯加減になったところでスタジオに戻りボーカルに魂を込めて音録り完了。

MIXはPCでやると細部のニュアンスが変わり機械的なざわめきの最中上手く扱う技術もないので、何度も聞き直して音を流しMTRのフェーダーを操作しながら録るというステレオ法式で恐怖のランデブー。

勿論、オススメはせん。

バンド活動でのレコーディング経験を生かそうにも思い出すのはギターをかき鳴らす際にミュートができんでシナロケの奈良さんから6弦にティッシュを巻かれた事位で、自分の曲がまともに弾けんのは流石に浮かばれんし話の花もへったくれもなかけど、そんなとこで無理矢理でもRockを生み出す事で笑い飛ばせる人間でありたいとは思う。

続きを読む ›

News