庭で鶯ホーホケキョウ

2019/12/14

終わりの度に始められる。

アドレナリン効果と立派な虚栄心からそう言い残しステージを去った小さな背中にスケールのデカい免罪符のような戯言をたずさえ満を持して始まったのが歯痛の第3波だった事はさておき…

「十の拳で空が落ちてきた」というコンセプトが名ばかりで「奥歯ロスト」なる曲でその場を締めたのなら話は別だが小さな歩みも始める美学をと大きなハッタリをぶちかますバンドマンシップにのっとって、全10回の年間ワンマンLiveという無謀な試みも絶対にコケられんファイナルを満員の青空タオルで埋めた事で確かに空は落っことしたのだ。

…とその刹那、当 BLACK & BLUE が3Fに位置すると気づく絶望のなか近所の薬局にロキソニンを買いに行く今日この頃。

「令和」初のクリスマスを前にしてサンタにあらぬお願いをしようとしとる事は言うまでもない。

ついでにカリスマ性を瓶詰めで商品棚になんぞとよからぬ発想をする隙に「走れメロス」の一説を国語教材にするような日本人特有の苦労話大好き精神をくすぐるようなエピソードがないかと考える…

のが野暮なくらい苦労と思う余裕がなかったのが正直なとこで、農協の集金屋がこっそりバイアグラを売るくらいの遊びは残しとけば良かったと少し反省する。

無論、生まれついての馬鹿は動くしかないと体が理解しとったおかげで人様が言うような成功とは何ぞや夢のまた夢。

スター気取りで思い出話をするほど大した人間では未だなさそうだ。

そんな事よりこのイベントを機に手を貸してくれる素敵な天使達がまわりに集ってくれた事の方がよっぽど素晴らしく、サプライズで旗やグッズの用意、撮影やCDジャケット制作、水面下で集客に協力してくれたりと何でもござれ。

楽ができると思いきやプレッシャーや責任は逆に膨れ上がる構図と相成ったのをいいことに、横浜ベイブリッジを単車で4往復したMV撮影秘話ならぬタピオカより流行りの世相慕情を展開するあり様…

ヘッドライトでの照明依頼をした覚えのない御親切なあおり運転のお父っつぁんが三重あたりの飲食店で威張り散らしよらんか捜査依頼を予定して、横浜市警に今後たっぷり苦労してもらうとしよう。

制作:MIHO & SANTAshinjiteBOYS

制作:THE TELEGRAMS ( by ロン )

ウッドベース:うのしょうじ 氏

※ Thanks 撮影:山本製作所

 

メロスでも大塩 平八郎でもない傍ら美しか友情の為や皆を代表するような動機はおよそ相応しくなく自分自身の為にまだまだやることは山積みだが、今回のイベントを通して応援してくれた方々のご満悦な表情を見ていると結果として誰かがハッピーになったり何かを感じてくれるのであれば石橋を叩かずにわたるのも感染病よりマシな人情になりうるという幕ひきでご勘弁願いたい。

チャンスをくれたリッキーさんをはじめステージ以外でもお世話になった宇野さんや関わってくれた皆さん、何より一緒に空を落っことしてくれた奇跡の生還隊の同志達に心から感謝します。

 

10 PUNCH 〜フーテンの賛歌〜 完結

それでも始まりの歌と共に…あばよ!

News

白く咲いたか百合の花

2019/08/01

前略、海への立ち小便。

暫くのご無沙汰となったがタダでさえ残暑見舞いにしたいところ声にすると暑苦しさが長引きそうな蛇足は控える。

「風の吹くまま人生計画」などと続いて悪態をつく方がよっぽど喜ばれるのは知っとるし、言うに及ばん文章やのに読む方も読む方だと言わんだけ行儀はよか方やろう。

…と書くような自分本位が品質本位の行いとミックスするかは海のみぞ知る…とご勘弁を、程々にせんと愛について語り出しかねん手前で暑中見舞にかえる。

3月からスタートした毎月全10回のワンマンLiveも折り返しを迎えた。

冒頭の流れからするとスケジュール通りの敢行に気恥ずかしさを感じるが、お陰さまの盛況に感謝しても品質本位とは恐らく程遠くまだまだ先は長い。

レコーディング機材の不調や体調の崩れ、演出から集客効果など一人ですべてに向き合い鏡に写った哀れな男を奮い立たせる作業は終戦記念日が近いと爆心地生まれの血が騒ぎナーバスにもなる。

例によって毎年スピーチでは後世に伝えたい文化の精神的よりどころ…云々と首相は天使のパフォーマンスのつもりでも額縁入りの悪魔に見える。

徳川慶喜は極左なりじゃないが太田胃散とビタミン剤で治るなら誰も戦死せん、ガキの頃におっかない思いばした原爆資料館や防空壕跡地のことが頭をよぎっても新元号だすったもんだで新聞やらが騒ぎ立てよる日本が情けない。

当たり障りない言い方で壊して去って孫子にしわよせと伝えて欲しかったら駄作の我が曲の方がまだちゃんとした綺麗ごとを歌っとる。

道はいつも最短でななめ、せめて前にずらかれ。( ※ MERMAID SKIP:参照 )

…いや、傑作じゃアホンダラ!?

クレオパトラを愛人にする為じゃなきゃ二回も世界大戦をやっといて上の世代はもっと悲しんどるはずだが、俺にはまだ5つのパンチがある。

この企画を決めた当初の推測では今頃ちょうど中だるみで集客は大コケ、どう立て直しを図るかの策に追われよるはずだった。

それでも回毎の内容に目を向け続けたことが功を奏してか、近々嬉しい発表ができそうなので乞うご期待。

…と思いきや予感は巡って的中、しし座流星群の頃に時間差調整が起こることもあり得る。

その時はパレードのどさくさに紛れて今度こそ後世に伝わるように宇宙の彼方に消えようと思う。

星に…ならぬ、虹をつかんだ男(新曲)として。

http://blackand.blue.jp(詳細↓)

明日の6PUNCH目 まで… あばよ!

ここまで感謝します、Thank You!

News

ONE MAN in BLACK & BLUE

2019/02/04

2019年12月8日(日)

【 10 PUNCH 〜 フーテンの賛歌 〜 】

ベストLive更新をテーマに新曲を回毎に披露していき、公開レコーディングも兼ねた全10回の中から良いTakeを選びCD音源としてライブ盤を発信。(再告知)

チケットのご予約は当ページのCONTACTの欄からお問い合わせフォームに必要事項を明記の上お送り下さい。

※ 希望枚数、お名前(当日お支払)

※ 予約なし当日券(店頭確認の上、対応可)

 

http://blackand.blue.coocan.jp

 

■ Open 18:30 / Start 19:00

■ Charge ¥ 3.000(+1D)

Live

粋なネーチャン立ち小便

2018/10/28

蝉は約2ヶ月の命。

その為に眠る6年分の念を込めた鳴き声も夏の終わりと共に力尽き、蛍は2週間の生涯を無言の発光に懸けて散る。

鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす?

フーテン・ツアー 2018 全国10ヶ所の旅を遂行する中、よりにもよって恋煩いに使われることわざで藪睨みな自分の立場を比喩しようにも、輝ける明日の為に今日を犠牲にする両者の生き様の果てにそんな日が来んとは薄々勘づいてはおる。

しかし、世の中のお粗末な例え話として美談にするならこちとら明確でもある…

それでも GO なのだ。

東京を経由しながら九州、関西、東北の順に追加日を含めた巡業。

ビート・ジェネレーションを気取った単車 寅次郎 号とのボヘミアンRockと言えば聞こえはいいが、悪天候に断念した箇所や何より長時間走行の影響でエンジンより先に自分のケツから火を吹き、美しいバックファイヤーを撒き散らし各地の肛門科に厄介になるカチカチ山ツアー。

多比良港から熊本へ。

痔ロッカーという偽名を使うわけにもいかず、看護婦が大声で俺の名前を呼んだ時に音楽を辞める理由は充分に調ったわけだが、口止め料を稼ぐべくスケジュールを全うし如何せん無名が高じてか例の言葉通り夢の儚さを身をもって知る羽目に…

この世の空はどこまでも高く青い。

福岡 BASSIC

遠くへ飛ぶ為の助走なら人生中パトカーとタコメーターを何回もまいとるし、頭にプロペラが生えるか魔法でも使えん限り99%浮かばれん旅が続くのかと絶望を枕に百日紅が咲く京都の公園で一夜を明かした朝。

鳩を手なずける老人の技術に感銘を受け、解決のヒントを得るべく特殊能力を習得した秘密の解明を願い出たところ笑みを溢しながら「女ゴコロ」と言い放ち、何故ギターが弾けるかとパスを返してきたので無愛想に「煩悩」と答えておいた。

2018.10.5(金)フーテン・ツアー FINAL

2ヶ月間に及ぶツアーの締めくくりに素敵なゲストを招きFINAL終了。

相も変わらず馬券もボートも当たらず傘で一っ飛びは何時になるやら、暫くは曲作りを放棄してメリーポピンズ研究員長崎支部代表に立候補かと肝心な事にふと気付く今日この頃…

蝉も蛍も飛ぶ羽がある。

見上げる形ではあるが無駄な一生など無いと思っとる限り、奴らの事を友と呼ぶライセンスなら俺にもありそうだ。

全国のお会いした皆さん、関わってくれた方も含めありがとうございました!

また会う日まで…あばよ!

News

FOOTENG TOUR 2018

2018/07/15

《詳細随時更新》

数山 俊平 フーテン・ツアー 2018

🎲 : info@footengrecords.com

Live

チャラチャラ流れる御茶ノ水

2018/05/15

時は金なり。

…とよく言うが、わらしべ長者ヨロシク物々交換するなら唯一自分に差し出せるものは時間で、対価を得る場合は同様に相手の時間を拝借する事になる。

音楽や映画や本といった芸術の名を借りた空想の産物に言い値を付けたが最後、デタラメを承知で財布の紐をゆるめる時はその人にこそ価値があって、騙し討ちのお見合いも当事者が幸せなら万々歳とその仕掛けに命を費やして初めて面白く、良し悪しが必要なら遠山の金さんに任せとけばいい。

国民栄誉賞が金で買えようが時間をかける理由は好きって事で充分やし、心配せんでも綺麗事はそんな馬鹿の為にある。

VOOVY TRANCE と題した今回の会場限定CD音源の制作にあたり、マヌケな精神状態という表題和訳を体現すべく夏休みの宿題から引続き余裕ぶっこいて締め切りギリギリに滑り込む癖のおかげでレコーディングは大わらわ。

LIVEやスタジオ作業に徹夜の新記録を更新した朝、ようやく完成したデータを手にマスタリングの場所へいざ行かんとラブコールするも単車 寅次郎 号はご機嫌ななめ…

下駄でパカパカ表通りに出てタクシーを探すもなかなか捕まらず、車道に飛び出しようやく東京無線の助手席に乗り込み指示を出すと視力もあやしい御老体ドライバーの聴力障害とロングラリー。

時間が迫る中、三度のコミュニケーションチャンスを逃した彼に痺れをきらして強制的に運転の交代が決定、仏ほっとけルートを爆走し現地到着Rock…

と迄はいかんでも気の毒な事にスイッチを押すのを忘却したらしく20km近くの距離を1メーターで御奉公の親切な運転手であったので、千円札を差し出し勿論決め台詞はこう言ったのだ。

「 釣りは要らねぇよ 」

無事に仕上がったマスター音源をその足でプレス業者に発送して任務完了。

PEACE MUSIC 中村さん、前作に引き続きありがとうございました!

2018.4.20(金)吉祥寺 BLACK & BLUE

レコ発ワンマンお陰様で満員と大盛況。

寅んすセット(芋の煮っころがし)

売り上げも好調と2nd Albumの制作費に留まらず立派な御屋敷が立った暁には蝶ネクタイにチョビ髭でも蓄えて来期の衆議院選に出馬表明を…〇#∥□&△☆*

「 空の弾で魂の火をぶっ放せ 」だ。

 

THE KING BEATSメンバーのサポート然り協力して頂いた関係者の方々、何より同じ時間を共有できた皆さん本当にありがとうございました!

どうかお幸せに…あばよ!

News

LIVE.VOOVY TRANCE 2018

2018/03/02

2018年4月20日(金)

At 吉祥寺 BLACK & BLUE

数山 俊平 NEW TAKE レコ発ワンマン

 

■ Open 19:00 / Start 20:00

■ Adv ¥ 2.000 /Door ¥ 2.500(+1D)

 

告知メッセージ動画 ↓ (演奏あり)

4月20日(金)限定CD音源リリースに合わせ従来のLIVEナンバーから収録曲まで新たな形でRock’n’rollを表現する数山 俊平のワンマンショー集会。

※ アコースティック & BAND 2部

※ 他の来場者の方への迷惑行為禁止

チケットのご予約は当ページのCONTACTの欄からお問い合わせフォームに必要事項を明記の上お送り下さい。

※ 電話予約OK (月)(火)除く営業時間↓

※ 0422-22-4816 : BLACK & BLUE

※ 前日まで店頭、各LIVE会場で手売り可

 

演者然り、会場提供者様、ご来場者様あってのイベントなので音楽を楽しめる良い空間を共有できるようご協力宜しくお願いします。

 

🎲 : info@footengrecords.com

Live

四ッ谷 赤坂 麹町

2018/01/20

チャラチャラ流れる御茶ノ水…

という具合にクリスマスの聖夜に福生UZUから始めた西日本5ヶ所を巡るドサ回りフーテン・ツアーを終え年が明けた。

パジャマ姿の駅のベンチで歯磨きの最中赤い頬っぺたの綺麗所に遭遇する珍道中をイメージしとったけど、実際には行く先々での酒盛り続きで寝る間がすっ飛ぶ宿無しツアー。

本当に思い描いたシナリオ通りにいった日には早々この世界から足を洗って隠居した方がお伽噺にもなるが、残念ながらその価値を見い出せん不気味な世間とやらに歌のラブレターをお見舞せないかんと勘違いしたばっかりに、今回のツアーにとどまらず世話になっとる周りの人間へのツケが溜まっていく一方やから厄介極まりないのだ。

楽屋でそんな事を考える馬鹿は死なんと治らんし、屁理屈に代わる大金でもない限り命の宿らん歌は唄えんから一生懸命やる他には唯一あたり前の礼儀を尽くす手がかりが見あたらんとしか言い様がない。

各地でお会いした皆さん、ありがとうございました!

吉祥寺 BLACK & BLUE ツアーファイナルまでの合間、友人連中や会いたい人物が達者でやっとるかを知るには時間と戦い足で稼ぐしかなかった。

こっちの台詞だと悪態をつかせてナンボで、見事にそれを上回るパフォーマンスを披露した祖母に至っては入院中の病室の窓ガラスが割れる程の金切り声で説教Rock!(鼓膜破壊)

持ち前のハッタリを武器に応戦した実況見聞は以下同文、俺は東京じゃ泣く子も黙る一攫千金のスーパースターで、彼女が崇めとる「さだまさし」氏をとっくに越えとるから耳が遠くて噂が聞こえんのやったら補聴器の代え時やろうと…

祐徳稲荷神社で我がフーテン・レコーズの繁栄祈願をお供えして選択肢は2つ…

事実にする or 声をはるか、だ。

テキ屋稼業は正月がかき入れ時で、長崎に到着した時点から業務は元より客寄せの演出にBGMを奏でるクレープ屋の後取り息子の真似事を。

簡単な事など一つも無いと言わんばかりに声を枯らす衰えた実父の背中や、小さな幸せを探す生活こそが自由な心の源でいかに至難の技かと大きな海が言いよるように聞こえたのは気のせいやろう…

社会風刺もままならん半端者が善人ぶって能書き垂れよっても表を歩けば風が吹いとるし、欲張った己の道楽に力を注いどるうちは戯けた幸せ者?

「そこが渡世人のツレェところよ…」

蜜柑のバス停で待っとって目が覚めるんやったらクレープ屋にでも何でもなろうが店主になった暁には自分をまずクビにする、親父が願い下げるかは別として。

よって、俺はこれだ。(※ 悪徳商法↓)

2018年 in 東京スタート!

News

FOOTENG TOUR 2017

2017/12/20

2017年12月24日(日)

At 東福生 UZU

2017年12月26日(火)

At 大阪 GANZ toi,toi,toi

2017年12月27日(水)

At 京都 OOH – LA – LA

2017年12月28日(木)

At 岡山 Cookie Jar

2017年12月29日(金)

At 福岡 GERILA HOUSE

2018年1月13日(土)

At 吉祥寺 BLACK & BLUE

※ ツアーファイナル告知有

※ 追加公演更新有

 

数山 俊平 フーテン・ツアー 2017

🎲 : info@footengrecords.com

Live

Life is Rock

2017/11/24

2017年12月1日(金)

At 吉祥寺 BLACK & BLUE

 

■ Open 19:00 / Start 19:30

■ Chage ¥ 2.500(+1D)

 

【 Act 】

数山 俊平(O.A)

OWLS

FIX

Live