粋なネーチャン立ち小便

2018/10/28

蝉は約2ヶ月の命。

その為に眠る6年分の念を込めた鳴き声も夏の終わりと共に力尽き、蛍は2週間の生涯を無言の発光に懸けて散る。

鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす?

フーテン・ツアー 2018 全国10ヶ所の旅を遂行する中、よりにもよって恋煩いに使われることわざで藪睨みな自分の立場を比喩しようにも、輝ける明日の為に今日を犠牲にする両者の生き様の果てにそんな日が来んとは薄々勘づいてはおる。

しかし、世の中のお粗末な例え話として美談にするならこちとら明確でもある。

それでも GO なのだ。

東京を経由しながら九州、関西、東北の順に追加日を含めた巡業。

ビート・ジェネレーションを気取った単車 寅次郎 号とのボヘミアンRockと言えば聞こえはいいが、悪天候に断念した箇所や何より長時間走行の影響でエンジンより先に自分のケツから火を吹き、美しいバックファイヤーを撒き散らし各地の肛門科に厄介になるカチカチ山ツアー。

多比良港から熊本へ。

痔ロッカーという偽名を使うわけにもいかず、看護婦が大声で俺の名前を呼んだ時に音楽を辞める理由は充分に調ったわけだが、口止め料を稼ぐべくスケジュールを全うし如何せん無名が高じてか例の言葉通り夢の儚さを身をもって知る羽目に…

この世の空はどこまでも高く青い。

福岡 BASSIC

遠くへ飛ぶ為の助走なら人生中パトカーとタコメーターを何回もまいとるし、頭にプロペラが生えるか魔法でも使えん限り99%浮かばれん旅が続くのかと絶望を枕に百日紅が咲く京都の公園で一夜を明かした朝。

鳩を手なずける老人の技術に感銘を受け、解決のヒントを得るべく特殊能力を習得した秘密の解明を願い出たところ笑みを溢しながら「女ゴコロ」と言い放ち、何故ギターが弾けるかとパスを返してきたので無愛想に「煩悩」と答えておいた。

10/5(金)フーテン・ツアー FINAL

2ヶ月間に及ぶツアーの締めくくりに素敵なゲストを招きFINAL終了。

相も変わらず馬券もボートも当たらず傘で一っ飛びは何時になるやら、暫くは曲作りを放棄してメリーポピンズ研究員長崎支部代表に立候補かと肝心な事にふと気付く今日この頃…

蝉も蛍も飛ぶ羽がある。

見上げる形ではあるが無駄な一生など無いと思っとる限り、奴らの事を友と呼ぶライセンスなら俺にもありそうだ。

全国のお会いした皆さん、関わってくれた方も含め本当にありがとうございました!

また会う日まで、あばよ!

News